トップライフプランニング > 賢い保険活用術とは
賢い保険活用術

4つの基本商品

一般的に理解が難しいと言われる生命保険・・・
ですが、その特性に分類してみると、すべて4つの種類に分類できます。
これさえ理解できれば、複雑な中身もすっきり理解することができます。

定期保険

定期保険

  • 大きな保障が必要な場合に有効な保険です。
  • 安い保険料で大きな保障が得られます。
  • ただし、保障期間が限定されるため注意が必要です。
  • 保険料は、いわゆる「掛け捨て」となります。

養老保険

養老保険

  • 保険期間は一定で、その間に死亡したときには死亡保険金が、満期時に無事生存していたときには満期保険金が受け取れます。
  • 一般的に死亡保険金と満期金は同額になります。
  • 貯蓄性が高く、保険料は高めとなります。

終身保険

終身保険

  • 一定期間保険料を払い込むと、保険料払い込み期間が終わった後も、一生涯、死亡保障が継続される生命保険です。
  • 満期保険金はありませんが解約返戻金があります。
  • 貯蓄性が高く、解約返戻金を利用して、学資や老後の生活資金に備えることができます。
  • 現代では生命保険の王道と言われています。

個人年金保険

個人年金保険

  • 積立をしていき将来設定した期間に年金が受け取れます。
  • 月々余裕資金で将来の積立をするのに適した商品と言えます。
  • 個人年金保険料控除による税金のメリットがあります。

万一の場合に備える生命保険は、ムダがなく、しかも必要な保障を受けられる保険が理想的です。
このような理想的な保険に加入するために、まず考えるべきことは、
万一の場合の必要保障額がいくらであるかということです。

生命保険の死亡保障の保険金額を決めるにあたっては、
実際に必要な保障額がいくらであるのかを、時系列でみていくことが大切です。

収入を得て家計を支えているご主人が亡くなった場合に必要となる遺族の保障のうち、
子どもの教育費に注目してみると・・・

必要な保障額は、時間(年月)がたつにつれて減っていくのです。

子どもの学費

子どもの学費を例に説明しましたが、住居費や生活費などについても同じことがいえます。
このように万一の場合に残された家族にとって必要な保障額は、年々減少していきます。

一般的に多くの方が加入している生命保険の死亡保障をみてみると、
以下のように契約期間中の保障額がずっと一定の「四角い保障」となっていることが多いです
※以下の例は、わかりやすく説明するための簡易的な図です。
  実際の保険設計に基づくものではありません。

四角い保障

  • ところが、実際に必要な保障額は、通常右肩下がりの三角形となりますので、 保険のカタチもこれにあわせて「三角の保障」にした方が、ムダのないものになります。

必要な保障・余分な保障

また、生命保険の有効な活用法に、貯蓄があります。
銀行や郵便局での預貯金とは違って、保険なら保障を備えつつ、貯蓄できるところがメリットです。
特に若いうちからの保険加入は、そのメリットをさらに高めることができます。

終身保険、養老保険をはじめ、学資保険、個人年金保険などは、解約時や保障期間満了時等に、
解約返戻金や満期保険金を受け取ることができます。

しかも、強制手的に保険料を引き去ることから、貯金が苦手の方でも計画的な資金作りが可能です。
また、契約者に万が一のことがあった場合は、しっかり保障を受け、しっかり貯める。
それがポイントです。

株式会社ヒルズ

〒190-0012 東京都立川市曙町2-9-1 菊屋ビル

TEL:0120-845-315 / FAX:042-527-5945

© since 2014 Hills.